金の延棒10kgの大きさってどれぐらい?サイズ感を徹底解説

2021年11月19日

金の延棒10kgの大きさ

質乃蔵(しちのくら)の児玉です。

「金の延べ棒10kgの大きさ」って、どれぐらいなのか?なかなか見当も付かないはずですよね。

どれぐらいの大きさなのか?そんな疑問を持っているあなたのために、金の延べ棒10kgのサイズ感について解説していこうと思います。

 

金の延棒10kgの大きさ!どれぐらい?

金の延べ棒なんて、普通に生活しているうえでは、まず見ることがないはずです。なので、金の延べ棒10kgがどれぐらいの大きさなのか?想像すること自体ができないですよね~(笑)

ということで、まずは金の延べ棒1kgの大きさを教えますね。

 

金の延べ棒1kgの大きさ

iPhoneSE

金の延べ棒1kgの大きさを見ていきますね。縦113mm(11.3cm)×横52mm(5.2cm)×高さ10mm(1cm)です。

大きさをたとえるならiPhoneSE(縦12.2cm横5.8cm✕0.7cm)を若干小さくしたぐらいになります。手のひらにのるサイズなので、意外と小さいですよね。

しかし、金(K24)の比重って19.3あるので、小さいですがズシっとした重さがあります。iPhoneSEより小さいぐらいの大きさなのに1kgもあれば、それは重いはずですよね!(笑)

ちなみに市販されている「お~いお茶」のペットボトルは、500mlなので500g。ということは、ペットボトル2本分が1kgの重さということになります。

 

金の延べ棒10kgのサイズ感のたとえは?

金の延べ棒10kgの大きさ1リットルの牛乳バック半分

さて、本題の「金の延べ棒10kg」なんですが、単純に金の延べ棒1kgを10倍にした大きさです。

縦113mm(11.3cm)×横52mm(5.2cm)×高さ10mm(1cm)の10倍なので、縦110.3cm×横50.2cm×高さ10cm になります。

でも、これだとサイズ感が分かりませんよね?(笑)

大きさを分かりやすくすると、牛乳パック1リットルの半分ぐらいのサイズ感になります。牛乳なら500gしかありませんが、金(K24)の比重が19.3もあるので、金の延べ棒なら10kgも重さがあります。

大きさが想像よりも小さいのに重い!というのが金の延べ棒のイメージです。

 

金の延べ棒を売るならいくらになる?

金の延べ棒の大きさが分かったと思いますが、では金の延べ棒を実際に売ったらいくらぐらになるのか?

買取価格について説明していきますね。

 

金の延べ棒1kgの買取価格

まずは、金の延べ棒1kgを売る場合は、どらぐらいの金額になるのか?

2021年11月19日「質乃蔵」の金(K24)1gあたりインゴット買取価格は7,234円です。

なので、金の延べ棒1kgなら1,000g✕7,234円=7,234,000円になります。700万円以上!

いや~凄い金額ですね。

金とプラチナ相場は、現在高騰しています。日々変動する貴金属買取相場について、分かりやすくグラフと数字で掲載してます。1gあたりの買取価格ですので、詳しい情報を知りたい方は、ご覧ください。
>>「金・プラチナ買取価格」についてはこちら

 

金の延べ棒10kgの買取価格

それでは、金の延べ棒10kgならいくらで売れるのか?

金の延べ棒10kgなら10,000g✕7,234円=72,340,000円になります。7000万円以上!

十数年前は1gあたり1,000円の時期もあったんですよ~。そのときに買っておいたら7倍ですよ~。もし過去にもでれるなら絶対に買います~(笑)

 

まとめ

金の延棒10kgの大きさって、牛乳パック半分ぐらいと意外と予想していたよりも小さいな~と思われたはずです。

しかし、金の延棒10kgを金額にすると、もの凄い高額になります。金ブームが続くなか、今後まだまだ値段が上がるかもしれませんね。

 

熊本の質屋「質乃蔵(しちのくら)」店舗情報

熊本の質屋 「質乃蔵」では、金やプラチナといった貴金属を専門に買取査定しています。もし、不要な指輪やネックレス、ピアスなどありましたら査定は無料ですので、是非ご利用ください。

熊本市東区にある質屋「質乃蔵(しちのくら)」の店舗情報です。
>>「熊本の質屋 質乃蔵の店舗情報」はこちら
金プラチナの買取実績を公開中です。ご参考ください。
>>「質乃蔵の金プラチナ買取実績」はこちら

 

貴金属関連のおすすめ記事

金の価格は日々変動しています。今でこそ安定資産と言われる金ですが、過去には暴落した歴史もあるのを知っていますか?金相場の暴落予想について詳しく書いてます。
>>「金の価格が暴落するのを予想!4つの悪条件が重なると危険」
金の埋蔵量は地球には、あとどれぐらい残っているのか?過去から現在までの採掘量などについても詳しく買いてます。
>>「金の埋蔵量は地球にどれぐらい残ってる?採掘量から見た衝撃な内容」
日本はかつて、「黄金の国ジパング」と呼ばれていました。名前の由来について歴史的な視点から見ていきます。
>>「黄金の国ジパングの由来は歴史にあった!日本が呼ばれた衝撃の理由」
金(GOLD)の作り方を知るには、「冶金(やきん)」という聞き慣れない言葉を理解する必要があります。「製錬」「精錬」「精製」など、金の作り方を紹介。
>>「金(GOLD)の作り方!冶金(やきん)の意味を徹底解説!」についてはこちら
金とプラチナ製品って酸化しないの?もし黒く変色してしまったときの対処法などについても詳しく紹介します。
>>「金とプラチナは酸化しないの?指輪ネックレスが変色したときの対処法」
海水の中には50億トンという金が存在しています。海水から金を抽出する技術などないのか?詳しく紹介します。
>>「海水の中に金が50億トン存在する!抽出できれば大金持ち」
プラチナとホワイトゴールド、シルバーは同じ色に見えます。しかし、素材としては全く異なるものです。違いを解説。
>>プラチナとゴールド(金)シルバー(銀)違いとは?素材を徹底解説
金とプラチナ相場が逆転し、プラチナ相場が下落した理由について詳しく解説します。
>>金とプラチナ相場が逆転!プラチナ価値が下がった理由とは?
金も溶かすことのできる「王水」!「王水」が金のリサイクルに役立つについて解説します。
>>金も溶かす「王水」が最強過ぎる!どんなものでも溶かせるのか?
アイスや和菓子などに付いている金箔と食べても大丈夫な理由とは?詳しく解説します。
>>金箔を食べる!なぜ食べても問題ないのか?分かりやすく解説
いま高値の金を売る場合にも税金ってかかるの?売却と税金について詳しく解説します。
>>金の売買と消費税について!売却でも税金がかかるのか?注意点を解説
メイプルリーフ金貨の真贋方法について詳しく解説します。
>>【メイプルリーフ金貨】本物と偽物の見分け方4選!分かりやすく解説
金の用途って?どんなものに使われているのかを詳しく解説します。
>>金の用途とは?意外と知らない金の使われ方7選!徹底解説