金とプラチナは酸化しないの?指輪ネックレスが変色したときの対処法

2021年6月3日

金とプラチナは酸化しないの?

質乃蔵(しちのくら)の児玉です。

「酸化しない」といわれる金やプラチナですが、金やプラチナのアクセサリーや時計などが変色してしまうことも少なくありません。本当に金やプラチナは酸化しないのでしょうか?ここでは、金とプラチナの酸化や変色と、アクセサリー類が変色したときの対処法について解説します。

金とプラチナ相場は、現在高騰しています。日々変動する貴金属買取相場について、分かりやすくグラフと数字で掲載してます。1gあたりの買取価格ですので、詳しい情報を知りたい方は、ご覧ください。
>>「金・プラチナ買取価格」についてはこちら

 

金とプラチナは酸化しないの?

そもそも酸化とは「金属の分子がイオン化し、酸素と化合すること」です。一般的には「錆びる」という言葉で表現されます。では、金やプラチナは錆びるのでしょうか?

結論から言うと、純度の高い金やプラチナが錆びることはありません。金やプラチナは金属の中で最も錆びにくい性質を持っており、空気や水に触れただけでは変質しないのです。身近な金属である鉄は、金属の中でも中間程度の錆びやすさで、空気や高温の水蒸気と反応して錆びてしまいます。

たとえば、博物館などで見かける古い金細工の中には、何百年も経過しているものがあります。それらは土や汚れがついていることはあっても、輝きや美しさは損なわれていません。一方、鉄製のスコップは、数年放置しただけで一部が赤茶けた色に変色します。このことからも金やプラチナは変化に強い金属ということがわかるのです。

金やプラチナは古くから高価な金属として愛されてきましたが、その美しさや輝きだけでなく変化しにくい特質も愛されてきた大きな理由と言えます。

金とプラチナの純度とは?

金とプラチナは錆びないと解説しましたが、これはあくまで「純度の高い」ものに限定されます。

金属の純度とは、物質の総量に対する対象金属の割合のことです。純度が高ければ高いほど金・プラチナの含有量も多くなります。金とプラチナそれぞれの純度について詳しく見てみましょう。

金の純度

金の純度

日本では、金の純度は24分割で表されるのが一般的です。このときK(キャラット)という単位を使用し、どのくらい金が含まれているかという割合を数字で表します。この数字が大きいほど純度の高い金と言えるのです。

K24は金の割合が24/24とほぼ純度100%の金です。K18は18/24となり純度75%の金であり、その他、K22(純度91.7%)やK20(純度83.5%)、K14(純度58.5%)などがあります。

プラチナの純度

プラチナは変色しない

日本では、プラチナの純度はpt(プラチナ)という単位を使用して、1,000分割で表されるのが一般的です。金と同様、数字が大きいほど純度の高いプラチナとなります。

pt1,000は1,000/1,000とほぼ純度100%のプラチナ、pt900は900/1,000で純度90%のプラチナです。pt850やpt750、pt650などのプラチナもあります。

本物の金かどうかを調べる方法は比重計を使います。どのような計算で調べるかなど詳しく紹介します。
>>「金の密度・比重で真贋!本物の金か見分ける5つの方法を徹底解説」

 

金プラチナも錆びることもある理由とは?

純度の高い金やプラチナは錆びませんが、逆に純度が低ければ低いほど金やプラチナでも錆びやすくなります。例えば、K14、PT650以下の純度が低い貴金属は錆びやすいです。

金やプラチナは美しく変化しにくい反面、非常に傷つきやすく重たいという性質も持っているため、変形や傷などに強い他の金属を混ぜて合金を作ります。一般的に、金にはニッケル・銀・銅などの金属を、プラチナには主にパラジウムという金属が使用されるのです。

純度100%ではない金・プラチナのアクセサリー類の場合、含まれている他の金属が錆びることによって変色してしまうことがあります。

金属が錆びる原因としては、汗や皮脂などの分泌物、そしてシャンプーや洗剤などの化学薬品などが挙げられます。水質によっては温泉でも錆びる場合があるので注意しましょう。

酸化して変色したときの3つの対処手順

既に酸化・変色してしまったアクセサリー類はどうすれば良いのでしょうか?実は軽度の度の酸化や変色なら、お手入れで元に戻すことができます。

変色したときの対処法

  1. 中性洗剤を混ぜたぬるま湯に数分間つける(3~5分程度つけ置き)
  2. 洗剤をしっかり洗い流してから柔らかい布で水分をふき取る
  3. 柔らかいブラシや綿棒などで軽く磨く

 

金・プラチナのアクセサリー類が酸化・変色してしまった際は、中性洗剤を混ぜたぬるま湯に数分間つけてみましょう。様子を見ながら3~5分程度つけ置きし、洗剤をしっかり洗い流してから柔らかい布で水分をふき取ります。つけるだけではあまり変化が見られない場合は、柔らかいブラシや綿棒などで軽く磨いてみてください。

※お手入れで注意すること

お手入れの際は、アクセサリーに合わせた配慮が必要です。宝石・天然石がついているアクセサリーの場合、石の種類によってはこの対処法がくすみ・割れにつながることも考えられます。中性洗剤につけても問題ない石であっても、熱で割れてしまうのを避けるために必ずぬるめのお湯を使用しましょう。

また、金やプラチナは、もともと非常に繊細で傷つきやすい性質です。ブラシ・布・綿棒はできるだけ柔らかいものを選び、傷つけない程度の力加減でお手入れしましょう。

まとめ

純度の高い金やプラチナは酸化しませんが、他の金属を混ぜたアクセサリーや時計などは錆びる可能性があります。金やプラチナの製品を購入する際はまず純度をチェックし、用途や使用環境に応じて錆びにくい純度の製品を選ぶのもひとつの方法です。

熊本の質屋「質乃蔵(しちのくら)」店舗情報

熊本の質屋 「質乃蔵」では、金やプラチナといった貴金属を専門に買取査定しています。もし、不要な指輪やネックレス、ピアスなどありましたら査定は無料ですので、是非ご利用ください。

熊本市東区にある質屋「質乃蔵(しちのくら)」の店舗情報です。
>>「熊本の質屋 質乃蔵の店舗情報」はこちら

 

貴金属関連のおすすめ記事

金相場が今後どのように変動するのか?金相場の上がる原因、金相場の下がる原因について理解しておくことによってある程度、予想することができます。
>>「金相場の今後の見通しが衝撃的過ぎる!未来予想とは?」
金の価格は日々変動しています。今でこそ安定資産と言われる金ですが、過去には暴落した歴史もあるのを知っていますか?金相場の暴落予想について詳しく書いてます。
>>「金の価格が暴落するのを予想!4つの悪条件が重なると危険」
金の埋蔵量は地球には、あとどれぐらい残っているのか?過去から現在までの採掘量などについても詳しく買いてます。
>>「金の埋蔵量は地球にどれぐらい残ってる?採掘量から見た衝撃な内容」
日本には、かつて新潟県、静岡県、福島県、大分県と金山がありましたが今は、閉山となっています。日本国内にも唯一現存する金山について詳しく書いてます。
>>「日本の金山はどこにある?たった1箇所残っている金山が意外過ぎる!」
日本はかつて、「黄金の国ジパング」と呼ばれていました。名前の由来について歴史的な視点から見ていきます。
>>「黄金の国ジパングの由来は歴史にあった!日本が呼ばれた衝撃の理由」
金(GOLD)の作り方を知るには、「冶金(やきん)」という聞き慣れない言葉を理解する必要があります。「製錬」「精錬」「精製」など、金の作り方を紹介。
>>「金(GOLD)の作り方!冶金(やきん)の意味を徹底解説!」についてはこちら
海水の中には50億トンという金が存在しています。海水から金を抽出する技術などないのか?詳しく紹介します。
>>「海水の中に金が50億トン存在する!抽出できれば大金持ち」