円安だと金相場は上昇するのか?分かりやすく解説

2021年11月23日

質乃蔵(しちのくら)の児玉です。

金相場はドル円為替と密接な関係があります。特に円安になると金相場が上がる傾向がありますが、なぜそうなるのか理解していない人も多いかもしれません。

今回は、円安だとなぜ金相場が高騰するのか、その理由を詳しく解説します。

 

円安について解説

円安とは?

為替相場の歴史は戦後から続いた固定相場から始まります。長く1ドル=360円の時代が続いた後、1973年から完全な変動相場に移行して以来、円の価値は日本経済の成長に比例して上昇してきました。

2011年に一時は1ドル=75円にまでになった円ですが、その後はやや円安の傾向にあります。

円と相対する通貨である(ここではドル)は常にどちらかの価値が高くなれば、一方の価値が下がる関係にあります。

実は、為替は輸出入に関わるビジネスをしていない人にも、海外旅行に行かない人にも、また投資をしていない人にも密接な関係があるのです。

為替は、世界の経済状況などに影響を受けて日々刻々と変動します。そのレートによって、ガソリン、食料品や輸入品の価格が上下します。多くの日用品を輸入に頼っている日本では、生活レベルで為替の影響を受けざるを得ないといえるでしょう。

ドル円為替の変動にはいくつかの要因があります。輸出入されるモノやサービスの動向、海外旅行者の増減などに加え、より影響があるのは投資の動きやアメリカの金利や株価です。

ここのところの円安ドル高の直接的な原因は、アメリカの金利が上昇傾向にあるためとみられています。

 

円安とは?どのような状態?

円安とは、他の国の通貨に対する円の相対価値が下がることです。たとえばドルを例にとると、1ドル=100円だった状態から120円になると、ドルの価値は上がり、円の価値は下がったことになります。一見円が上がったようにみえますからまぎらわしいですが、それまで100円で購入できたものが120円必要になったと考えればわかりやすいでしょう。

逆に1ドル=100円から80円になった場合は、円の価値が上がりますから円高になります。

 

円安になる理由とは?

円安になる原因は一つではありません。

日本からの輸入の拡大や日本から海外への旅行者の増加も円安を招く一因ではありますが、特に大きな原因として挙げられるのがアメリカの金利です。

アメリカの金利が上昇し、アメリカの景気がよくなれば、ドルの価値も上がります。ドルの価値が上がるとアメリカの株価に投資する人が増え、相対的に円の価値は下がって円安になるというわけです。

 

円安のデメリットについて

円安にはどんなデメリットがあるでしょうか。ドルの価値が上がり、円の価値が下がるということは、海外からモノを買うときに以前より多くお金を払わなくてはいけないことを意味します。

つまり円安は輸入関連産業にとっては大きな痛手になるのです。

また円を外貨に換金する際のレートが下がるため、円安のときに海外旅行に行くとあまりお得感がないでしょう。

他にはガソリン価格の高騰、輸入商品の値上げなどが円安のデメリットとして挙げられます。

 

円安のメリットについて

反対に円安のメリットにはどんなことがあるでしょうか。

輸出関連産業にとっては日本のモノが安くなると円安はメリットです。輸出品の値段が安くなれば海外での価格競争力が高まります。

また外貨を扱う投資にとっても円安はチャンス。外国株式や外国債券の資産価値が上がるからです。

 

円安になると金相場は上昇する?

上昇グラフ

円安のメリットにはもう一つあります。円安になると金相場は上がるのです。円の価格変動と金相場の価値変動には密接な関係があるのです。

2011年までは超のつく円高が続き、金相場も4000円台にとどまっていました。その後、2012年12月から始まった「アベノミクス」では円安が促進され、3年後の2015年にはドルが80円台から123円台にまでに急騰。この急激な円安にともない、国内の金相場は5,000円近くまで上昇しました。

世界の金相場とは異なり、日本における金取引相場は「金の世界相場」の動きよりもドル円為替相場の影響が反映されることが多いのが特徴です。

ですから、日本国内で金の売買をする場合は、現在のドル円為替相場の状況を十分に把握しておく必要があります。

 

円安が金相場に影響を与える理由とは?

なぜ日本では円安だと金相場に影響がでるのでしょうか。それは、日本における金の取引状況が諸外国と比べて少し特殊だからです。

日本でももちろん金の価格は世界市場の金相場と連動してはいますが、それ以上に円安が金相場に与える影響は大きいといえます。

世界市場では金の売買はドル建てで行われるのが基本。その点、日本だと金の売買はまずドルを円に換えてからの取引になるため、ドル円為替相場が金の価格変動に大きく関係してくるのです。

そのため、世界市場の金価格が下降傾向にあるときでも、日本では円安で金価格が上昇するということもあり得ます。

 

金を売るタイミングは円安のとき!

金の売買のタイミングには金相場そのものが上がったときがありますが、円安のときも金を売るチャンスです。

日本では円安になると金の価格は上昇傾向がみられますから、金を売って利益を出したいのであれば円安の時期がおすすめです。逆に金を購入するには円安の時期は適していません。

金とプラチナ相場は、現在高騰しています。日々変動する貴金属買取相場について、分かりやすくグラフと数字で掲載してます。1gあたりの買取価格ですので、詳しい情報を知りたい方は、ご覧ください。
>>「金・プラチナ買取価格」についてはこちら

 

まとめ

金は「有事の金」と言われるように、いざという時に頼れる実物資産です。だからこそ、売買のタイミングをまちがって損をしたくないですよね。円安で金相場が上昇するメカニズムをしっかり理解し、売るタイミングを見極めましょう。

 

熊本の質屋「質乃蔵(しちのくら)」店舗情報

熊本の質屋 「質乃蔵」では、金やプラチナといった貴金属を専門に買取査定しています。もし、不要な指輪やネックレス、ピアスなどありましたら査定は無料ですので、是非ご利用ください。

熊本市東区にある質屋「質乃蔵(しちのくら)」の店舗情報です。
>>「熊本の質屋 質乃蔵の店舗情報」はこちら
金プラチナの買取実績を公開中です。ご参考ください。
>>「質乃蔵の金プラチナ買取実績」はこちら

 

貴金属関連のおすすめ記事

金の価格は日々変動しています。今でこそ安定資産と言われる金ですが、過去には暴落した歴史もあるのを知っていますか?金相場の暴落予想について詳しく書いてます。
>>「金の価格が暴落するのを予想!4つの悪条件が重なると危険」
金の埋蔵量は地球には、あとどれぐらい残っているのか?過去から現在までの採掘量などについても詳しく買いてます。
>>「金の埋蔵量は地球にどれぐらい残ってる?採掘量から見た衝撃な内容」
日本はかつて、「黄金の国ジパング」と呼ばれていました。名前の由来について歴史的な視点から見ていきます。
>>「黄金の国ジパングの由来は歴史にあった!日本が呼ばれた衝撃の理由」
金(GOLD)の作り方を知るには、「冶金(やきん)」という聞き慣れない言葉を理解する必要があります。「製錬」「精錬」「精製」など、金の作り方を紹介。
>>「金(GOLD)の作り方!冶金(やきん)の意味を徹底解説!」についてはこちら
金とプラチナ製品って酸化しないの?もし黒く変色してしまったときの対処法などについても詳しく紹介します。
>>「金とプラチナは酸化しないの?指輪ネックレスが変色したときの対処法」
海水の中には50億トンという金が存在しています。海水から金を抽出する技術などないのか?詳しく紹介します。
>>「海水の中に金が50億トン存在する!抽出できれば大金持ち」
プラチナとホワイトゴールド、シルバーは同じ色に見えます。しかし、素材としては全く異なるものです。違いを解説。
>>プラチナとゴールド(金)シルバー(銀)違いとは?素材を徹底解説
金とプラチナ相場が逆転し、プラチナ相場が下落した理由について詳しく解説します。
>>金とプラチナ相場が逆転!プラチナ価値が下がった理由とは?
金も溶かすことのできる「王水」!「王水」が金のリサイクルに役立つについて解説します。
>>金も溶かす「王水」が最強過ぎる!どんなものでも溶かせるのか?
アイスや和菓子などに付いている金箔と食べても大丈夫な理由とは?詳しく解説します。
>>金箔を食べる!なぜ食べても問題ないのか?分かりやすく解説
いま高値の金を売る場合にも税金ってかかるの?売却と税金について詳しく解説します。
>>金の売買と消費税について!売却でも税金がかかるのか?注意点を解説
メイプルリーフ金貨の真贋方法について詳しく解説します。
>>【メイプルリーフ金貨】本物と偽物の見分け方4選!分かりやすく解説
金の用途って?どんなものに使われているのかを詳しく解説します。
>>金の用途とは?意外と知らない金の使われ方7選!徹底解説