金箔を食べる!なぜ食べても問題ないのか?分かりやすく解説

2021年7月10日

金箔を食べる!なぜ食べても問題ないのか?

質乃蔵(しちのくら)の児玉です。

TVなどで、金箔アイスを食べている芸能人の出ている番組を見ることがありますよね。

金箔は金属なのに、食べても大丈夫なのだろうか?と、ふと疑問に思う人もいるかもしれません。

実は金箔は食べても体に害はないのです。その理由をわかりやすくご説明します。

食べられる金箔って金なの?

金箔とは金を薄く延ばしたもので、吹けば飛ぶほどの薄さが特徴です。装飾品や工芸品に使われるほか、見た目をゴージャスに飾る用途でスイーツや料理にも使われています。

金は金属ですが、金箔ほど薄くなると無味無臭です。口にして違和感が残ることはまずないでしょう。口の中に入れると溶けるオブラートの食感と似ています。

キラキラ光る金色の金箔スイーツ、有名なものですと金箔をまとったソフトクリームがよくメディアに取り上げられていますよね。他にもカステラやロールケーキ、チョコレートやぜんざい、最中など、和菓子にも洋菓子にも合い、食べていてリッチな気分をもたらしてくれます。

金箔を食べても大丈夫な理由とは?

食用金箔は和食・洋食・スイーツ・お酒などに少量あしらうだけで、ゴージャスな雰囲気を演出してくれるのが大きな魅力です。

金は銀同様、歯科医療の治療現場でも使われるものですから、体への悪影響はありません。食物として体内に摂取しても、適量摂取ならそのまま体外に排出されるため、問題がないのです。

その理由は金の性質によります。金は純度が高ければ高いほど酸化しないため、胃酸で溶けることもありません。食用金箔に使われる金の純度は、工芸品用の金箔よりも純度が高いものがほとんどです。そのため、体内に取り込んでも消化・吸収されずにそのまま体外に排出されます。

ただし、金箔の成分をみてみると、金が使われているのは全体量の4%に過ぎません。それ以外の約94%は「プルラン」と呼ばれる多糖類のでんぷん、その他約2%は「ゼイン(ツェイン)」と呼ばれる植物由来のたんぱく質です。

金箔は味も匂いもないので、食べ物の風味を損なうこともありません。厚生労働省では食品添加物の「着色料」扱いになります。

金箔を食べる効果とは?

美容効果

食用金箔は無味無臭な上、栄養もカロリーもありません。つまり金箔を食べても毒にも薬にもなりません。

ですが金箔は、金の持つ性質によって以下のような効能があると言われています。

 

  • 肌のバリア機能の修復
  • 殺菌作用
  • 血行を促進し代謝を良くする

 

金から出るマイナスイオンが体内に入ることで血流やリンパの流れ、さらには新陳代謝を良くしてくれるのです。金箔スイーツを食べてゴージャスな気分になるだけでなく、美肌効果や健康促進につながるならうれしいですよね。

もっとも、金箔に含まれる金の量は少量ですから、目に見える効果が必ずあるわけではありません。とはいえ、こういった効能があると考えると、金箔入りの食べ物を食べるのに抵抗がなくなるだけでなく、「試しに食べてみたい」と思う方も多いのではないのでしょうか。

金箔の歴史

金箔の歴史

金は腐食・酸化しにくい点、柔らかくて展延性に優れた点から、古代から世界中の支配者たちに愛され、その力の表れとして装飾品などに使われてきました。

日本では、国内で奈良時代から桃山時代にかけて金が産出されていたこともあり、仏閣や仏殿、仏画・経典などの装飾に金がふんだんに使われました。

今も文化遺産としての価値を失わない奈良・東大寺の大仏、京都・金閣寺、平泉・中尊寺金色堂、日光・東照宮などからも、当時の輝きをうかがい知ることができます。

金を薄く延ばした金箔を用いた装飾は、さらに時代をさかのぼった古墳時代の遺跡からも発掘されています。

金箔はその薄さが最大の特徴であり、魅力といえます。その薄さ約0.1ミクロン(約1万分の1ミリ)、2gを畳一枚分に伸ばしたくらいといえば薄さが想像できるでしょうか。

古くは中国大陸から製箔技術が伝わり、日本独自の形で定着したのではないかと考えられています。

日本で金箔が作られたのは文禄2年(1593)。金好きで知られている豊臣秀吉が、加賀藩祖の前田利家に金箔・銀箔の製造を命じたのが最初と言われています。

現在も国内の98%の金箔は石川県金沢で生産され、金沢箔というブランドとして知られるようになりました。金沢は箔づくりに適した気候・気温・水質に恵まれているということもあり、さらにその技術は磨かれ伝統工芸として確立されてきたのです。

現代では金箔は工芸品以外にも食品、化粧品などにも使われ、さらにアートやインテリアの分野でもユニークな素材として表現者にも愛されています。金箔の可能性は無限といえるでしょう。

金閣寺の金箔量と使用された金の値段について、詳しく解説しています。
>>金閣寺の金箔量と値段が衝撃的!どれぐらいの金が使われているの?

 

まとめ

金箔を食べても人体には影響がないということがおわかりになったでしょうか。

金箔を使ったスイーツは価格は高めですが、それでも見た目の豪華さからテンションが上がるもの。ご当地スイーツなどに使われているものも多いですから、機会があれば全国各地の金箔スイーツを食べ比べてみてもいいですね。

熊本の質屋「質乃蔵(しちのくら)」店舗情報

熊本の質屋 「質乃蔵」では、金やプラチナといった貴金属を専門に買取査定しています。もし、不要な指輪やネックレス、ピアスなどありましたら査定は無料ですので、是非ご利用ください。

熊本市東区にある質屋「質乃蔵(しちのくら)」の店舗情報です。
>>「熊本の質屋 質乃蔵の店舗情報」はこちら

 

貴金属関連のおすすめ記事

金相場が今後どのように変動するのか?金相場の上がる原因、金相場の下がる原因について理解しておくことによってある程度、予想することができます。
>>「金相場の今後の見通しが衝撃的過ぎる!未来予想とは?」
金の価格は日々変動しています。今でこそ安定資産と言われる金ですが、過去には暴落した歴史もあるのを知っていますか?金相場の暴落予想について詳しく書いてます。
>>「金の価格が暴落するのを予想!4つの悪条件が重なると危険」
金の埋蔵量は地球には、あとどれぐらい残っているのか?過去から現在までの採掘量などについても詳しく買いてます。
>>「金の埋蔵量は地球にどれぐらい残ってる?採掘量から見た衝撃な内容」
日本には、かつて新潟県、静岡県、福島県、大分県と金山がありましたが今は、閉山となっています。日本国内にも唯一現存する金山について詳しく書いてます。
>>「日本の金山はどこにある?たった1箇所残っている金山が意外過ぎる!」
日本はかつて、「黄金の国ジパング」と呼ばれていました。名前の由来について歴史的な視点から見ていきます。
>>「黄金の国ジパングの由来は歴史にあった!日本が呼ばれた衝撃の理由」
金(GOLD)の作り方を知るには、「冶金(やきん)」という聞き慣れない言葉を理解する必要があります。「製錬」「精錬」「精製」など、金の作り方を紹介。
>>「金(GOLD)の作り方!冶金(やきん)の意味を徹底解説!」についてはこちら
金とプラチナ製品って酸化しないの?もし黒く変色してしまったときの対処法などについても詳しく紹介します。
>>「金とプラチナは酸化しないの?指輪ネックレスが変色したときの対処法」
海水の中には50億トンという金が存在しています。海水から金を抽出する技術などないのか?詳しく紹介します。
>>「海水の中に金が50億トン存在する!抽出できれば大金持ち」
本物の金かどうかを調べる方法は比重計を使います。どのような計算で調べるかなど詳しく紹介します。
>>「金の密度・比重で真贋!本物の金か見分ける5つの方法を徹底解説」
プラチナとホワイトゴールド、シルバーは同じ色に見えます。しかし、素材としては全く異なるものです。違いを解説。
>>プラチナとゴールド(金)シルバー(銀)違いとは?素材を徹底解説
海外で購入した金を国内で売れば儲ける?と安易に考えていませんか?海外から輸入する場合の注意点を解説。
>>「金の輸入!海外から金製品を持ち込みする場合2つの注意点」
金とプラチナ相場が逆転し、プラチナ相場が下落した理由について詳しく解説します。
>>金とプラチナ相場が逆転!プラチナ価値が下がった理由とは?
金も溶かすことのできる「王水」!「王水」が金のリサイクルに役立つについて解説します。
>>金も溶かす「王水」が最強過ぎる!どんなものでも溶かせるのか?