プラチナとパラジウムの違いを専門家目線で徹底解説!

2021年9月27日

プラチナとパラジウムの違い

質乃蔵(しちのくら)の児玉です。

パラジウムとプラチナは、どちらもジュエリーにも使われている金属です。プラチナの指輪やパラジウムのネックレスなどを見たことがある方もいることでしょう。

しかし、ぱっと見た目だけでは、色がシルバーなので違いが分かりません。では、パラジウムとプラチナには、どのような違いがあるのでしょうか。ここでは、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

 

プラチナとパラジウムの違いとは?

プラチナとパラジウムの違いについて、見ていきましょう。

【価格】プラチナVSパラジウム

価格はプラチナよりもパラジウムの方が高い

2021年9月27日現在、プラチナ1gあたり3,949円、パラジウム1gあたり7,909円

【硬さ】プラチナVSパラジウム

プラチナよりもパラジウムのほうが硬い

【重量】プラチナVSパラジウム

プラチナよりもパラジウムの方が軽い

【まとめ】プラチナVSパラジウム

プラチナのジュエリーは見たことがあるけれど、パラジウムは見たことがない、という方もいるかもしれません。

プラチナとパラジウムは、どちらも「レアメタル」(希少な金属)に分類され、貴金属だけでなく工業や製造などの現場でも使用されている金属です。

プラチナとパラジウムはどちらも銀白色をしており、一見すると同じ金属のように見えるかもしれません。しかし価格はパラジウムの方が高いです。また、プラチナよりもパラジウムの方が硬く傷つきにくい点が違いといえるでしょう。

また、重量にも違いがあります。同じ大きさのプラチナとパラジウムを比較するとパラジウムの方が軽く、プラチナの半分程度の重さしかありません。

プラチナは、どこで産出されているのか?産出国ランキングを解説してます。
>>プラチナの産出国ランキングベスト7!世界一の生産国はどこ?

 

プラチナとは?

プラチナは、日本では「白金」と呼ばれることもある銀白色の金属です。白金といっても、金ではありません。元素記号はPtです。

銀よりも透明感のある明さがあり、ゴールドの合成金属であるホワイトゴールよりも重厚感のある輝きが特徴だといえます。

プラチナはゴールドよりも希少な金属であり、いわゆるレアメタルのひとつ。融点が高く酸化・腐食しにくい性質であるため、車などの工業用品、医療や化学、バイオ分野で活用されていますが、価格が高いため他の金属への置き換えが進められています。

プラチナは、どんなものに使われているのか?詳しく解説しています。
>>プラチナの用途は工業用品がメイン?意外な使われ方6選を徹底解説

 

パラジウムとは?

パラジウムもプラチナ同様に銀白色をしている金属。色はプラチナよりも明るく、ゴールドの黄金色を薄くすることにも使われます。

希少な金属であるレアメタルのひとつであり、元素記号はPd。プラチナよりも比重が低いので軽い、融点が低くて加工しやすいなどの点が特徴的です。そのため、装飾品だけでなく、電気・電子部品や歯科治療の部品にも活用されています。

また、パラジウムは水素を吸着しやすいため、金属成分が金属イオンとして溶け出しやすいという性質も持っています。この性質を活かし、車の排ガス浄化の触媒などにも使われているのです。

 

プラチナのメリットとデメリットについて

プラチナのメリットとデメリット

くすみのない高貴な白い輝きを放つプラチナは、ジュエリーを愛する人にとって憧れの金属でしょう。プラチナにはその輝きや色合い以外にも、メリットはたくさん。ここでは、プラチナをジュエリーとして使う際のメリットとデメリットを解説します。

プラチナのメリット

プラチナのメリットは、なんといっても変色や変質の心配がないことです。この特性は、常に身につけることになるマリッジリングとして最適だといえるでしょう。サイズ変更の加工もしやすい性質であることもメリットのひとつです。

また、プラチナの透明感のある銀白色と上品な輝きは、宝石の色を邪魔することなく最大限に引き立ててくれます。中でも、ダイヤモンドとの相性は最高。ダイヤモンドの輝きを最大限引き立てます。そのため、ダイヤモンドとプラチナは永遠の愛を誓うエンゲージリングの定番になっているのです。

プラチナのデメリット

プラチナはゴールドの採掘量の5%程度しか採掘されていない希少な金属であるため、価格も高くなってしまう点がデメリット。このことから最高級の金属というイメージにつながっているといえます。

また、重いという点もデメリットとなり得ます。細めのマリッジリング程度であれば重さは気になりませんが、豪華で大振りなプラチナのジュエリーはつけているうちに重く感じてしまうことがあるかもしれません。

さらに、プラチナは純度が高いほど軟らかくて伸びやすいため、傷がつきやすいというデメリットもあります。

 

パラジウムのメリットとデメリットについて

メリットとデメリット

パラジウムは、ジュエリーの合金の混ぜ物としてさまざまな場面で使われています。最近では、パラジウム自体を地金にしたジュエリー増えてきました。中には結婚指輪をパラジウムで作る人もいるようです。ここでは、パラジウムをジュエリーとして使う際のメリットとデメリットについて解説します。

パラジウムのメリット

パラジウムのメリットは、プラチナの半分程度の重さであるため、大振りなジュエリーでも軽く仕上げられることです。

さらに、硬いというパラジウムの特徴もジュエリーに適しています。たとえば、プラチナ95%の製品とパラジウム95%の製品の硬さを比較すると、パラジウムの硬さはプラチナの約2倍。パラジウムのジュエリーなら、長く使い続けても傷がつきにくいでしょう。

パラジウムのデメリット

パラジウムのデメリットはあまり知られていない金属であるということです。そのためジュエリーショップなどの店頭に置いていることも少なく、購入したいと思ってもなかなか見つかりません。

また、硬度が高く傷つきにくいということは、サイズを変える加工などが難しいということを意味します。そのためパラジウム製のジュエリーは、デザインがシンプルになりやすいのです。

さらにパラジウムは、成分が金属イオンとして溶け出しやすいという性質を持っています。これは金属アレルギーを引き起こす原因にもなりかねません。肌に増えるジュエリーとしては、デメリットといえるのです。

 

プラチナの指輪などにもパラジウムが入っている

プラチナの指輪などにもパラジウムが入っている

プラチナの指輪やネックレスの表示で、「PT950」や「PT850」などの文字を見たことがあるでしょうか。これらの文字は、プラチナの純度を示しています。PT1000はプラチナの純度が100%、つまり他の金属が混ざっていないという意味。たとえば、「PT900」なら90%のプラチナと10%が他の金属を混ぜ合わせて製造しているということです。

多くのプラチナは、パラジウムやルテニウムなどの金属を混ぜ合わせています。パラジウムを混ぜ合わせると適度な硬度を持たせることができ、プラチナがより透明感のある銀白色になります。パラジウムを混ぜることで重量が少し軽くなります。

 

パラジウム価格が高騰している!

高騰

2018年からパラジウムが徐々に高騰しています。2021年9月27日現在、プラチナ1gあたり3,949円、パラジウム1gあたり7,909円と、プラチナよりもパラジウムの方が2倍ほど高い状態です。

そもそも、なぜパラジウム価格が高騰しているのか?

2015年のフォルクスワーゲン排ガス不正が発覚し、プラチナが使われている「ディーゼル車」が売れなくなりプラチナ価格が暴落しました。しかし、パラジウムを使う「ガソリン車」と「電気自動車」の需要が高まりパラジウム価格が高騰しています。

要するに、「パラジウム」の需要が増えたので高騰しているということです。

ただし、新型コロナによる世界的な半導体不足で、自動車自体が減産しなければならない状況にあり、1度上昇した価格も下落傾向にあります。今後、半導体の生産が増えれば、自動車生産も増産できるので、「パラジウム相場」は上昇すると予想されます。

 

まとめ

プラチナなどの貴金属は、純度が高ければ高いほど価値があると思われがちですが、ジュエリーでは、より美しく丈夫で使いやすくするために数種類の金属を混ぜ合わせて使います。ジュエリーを購入するときには、ぜひパラジウムとプラチナの割合をチェックしてみてください。

 

熊本の質屋「質乃蔵(しちのくら)」店舗情報

熊本の質屋 「質乃蔵」では、金やプラチナといった貴金属を専門に買取査定しています。もし、不要な指輪やネックレス、ピアスなどありましたら査定は無料ですので、是非ご利用ください。

熊本市東区にある質屋「質乃蔵(しちのくら)」の店舗情報です。
>>「熊本の質屋 質乃蔵の店舗情報」はこちら
金プラチナの買取実績を公開中です。ご参考ください。
>>「質乃蔵の金プラチナ買取実績」はこちら

 

貴金属関連のおすすめ記事

金の価格は日々変動しています。今でこそ安定資産と言われる金ですが、過去には暴落した歴史もあるのを知っていますか?金相場の暴落予想について詳しく書いてます。
>>「金の価格が暴落するのを予想!4つの悪条件が重なると危険」
金の埋蔵量は地球には、あとどれぐらい残っているのか?過去から現在までの採掘量などについても詳しく買いてます。
>>「金の埋蔵量は地球にどれぐらい残ってる?採掘量から見た衝撃な内容」
日本はかつて、「黄金の国ジパング」と呼ばれていました。名前の由来について歴史的な視点から見ていきます。
>>「黄金の国ジパングの由来は歴史にあった!日本が呼ばれた衝撃の理由」
金(GOLD)の作り方を知るには、「冶金(やきん)」という聞き慣れない言葉を理解する必要があります。「製錬」「精錬」「精製」など、金の作り方を紹介。
>>「金(GOLD)の作り方!冶金(やきん)の意味を徹底解説!」についてはこちら
金とプラチナ製品って酸化しないの?もし黒く変色してしまったときの対処法などについても詳しく紹介します。
>>「金とプラチナは酸化しないの?指輪ネックレスが変色したときの対処法」
海水の中には50億トンという金が存在しています。海水から金を抽出する技術などないのか?詳しく紹介します。
>>「海水の中に金が50億トン存在する!抽出できれば大金持ち」
プラチナとホワイトゴールド、シルバーは同じ色に見えます。しかし、素材としては全く異なるものです。違いを解説。
>>プラチナとゴールド(金)シルバー(銀)違いとは?素材を徹底解説
金とプラチナ相場が逆転し、プラチナ相場が下落した理由について詳しく解説します。
>>金とプラチナ相場が逆転!プラチナ価値が下がった理由とは?
金も溶かすことのできる「王水」!「王水」が金のリサイクルに役立つについて解説します。
>>金も溶かす「王水」が最強過ぎる!どんなものでも溶かせるのか?
アイスや和菓子などに付いている金箔と食べても大丈夫な理由とは?詳しく解説します。
>>金箔を食べる!なぜ食べても問題ないのか?分かりやすく解説
いま高値の金を売る場合にも税金ってかかるの?売却と税金について詳しく解説します。
>>金の売買と消費税について!売却でも税金がかかるのか?注意点を解説
メイプルリーフ金貨の真贋方法について詳しく解説します。
>>【メイプルリーフ金貨】本物と偽物の見分け方4選!分かりやすく解説
金の用途って?どんなものに使われているのかを詳しく解説します。
>>金の用途とは?意外と知らない金の使われ方7選!徹底解説