ルイヴィトンのシリアルナンバーの見方(製造番号)

ルイヴィトンのシリアルナンバーの見方について

ルイヴィトンのバッグや財布、小物って、今では、当たり前のようにシリアルナンバー(製造番号)が記載されています。しかし、1980年よりも前に製造されたものには、記載がありません。ということで、1980年からヴィトン製品は製造番号を刻印するようになりました。商品によっては、シリアルナンバー(製造番号)のタグが外れていたり、劣化して見えなくなったりしています。

あくまでも、目安としてお伝えしていますので、一部分だけを記載しております。ご参考まで。※当社の方に、どこにシリアルがあるの?等のお問い合わせは、受け付けておりませんので、ご注意ください。


ルイヴィトンのシリアルナンバーの見方「製造国」

フランス製A1、A2、A3、AA、AAS、AC、AH、AN、AR、AS、BA、BJ、BU、CT、DU、ET、FL、LW、MB、MI、MS、NO、RA、RI、SA、SL、SN、SP、SR、TH、TJ、VI、VX

イタリア製BC、BO、CE、FO、MA、RC、RE、TD

スペイン製CA、GI、LB、LM、LO

アメリカ製FC、FH、LA、OS、SD

スイス製D1、FA

ドイツ製LP



ルイヴィトンのシリアルナンバー(製造番号)の見方について

1980年代:837→1983年の7月に製造されたという意味

1990年~2006年:SP0957→ SP【フランス製】 2桁目と4桁目→97年 1桁目と3桁目→05月  1997年5月に製造

2007年以降:CA2048→ CA【スペイン製】 2行目と4行目→08年 1行目と3行目→代24週 2008年の代24週に製造 


ルイヴィトンのシリアルナンバー(製造番号)の見方の例題


こちらは、ルイヴィトンのバッグ ポシェットツインになります。シリアルシリアルナンバー(製造番号)は、FL0051です。

さて、問題です。製造された日は、いつでしょうか?

上の解説でヴィトンのシリアルナンバーの見方について、お伝えしてきましたが理解は、できましたか?

答えの解説→まずはFLなのでフランス製 0051→2行目と4行目 01年 1行目と3行目 05  

フランス製2001年5月に製造されているということが分かりました。



その他ルイヴィトンのシリアルについて

ルイヴィトンのシリアルナンバーの場所は製造年数や製造国などによっって変わる場合がございます。あくまでもご参考まで。
>>ルイヴィトンのシリアルナンバーの場所はコチラ


ルイヴィトンの柄 素材一覧

ヴィトンの素材は、定番のモノグラム柄やダミエ柄からタイガやヴェルニなど数多く種類があります。どんな柄なのか?疑問に思った場合は、こちらを参考にしてください。

>>ルイヴィトンの柄 素材の種類について


ルイヴィトンの歴史について豆知識

ルイヴィトンは設立から100年以上も経過している老舗のブランド店です。そんなヴィトンの歴史をしれば、もっと魅力を感じてくれるはずです。少しでもヴィトンに興味ある方は是非、歴史についても見てください。
>>ルイヴィトンの歴史と人気が途絶えない理由とは?

損しないブランド品の知識メルマガ

ブランド品の知識を増やしたい方の為にメルマガを発行しております。ヤフーオークションなどのネット通販で、中古ブランド品を購入したときに、失敗した経験ってありませんか?正規品では無い商品が送られてきた~。騙されたなどの経験ってありませんか?せっかく高いブランド品を購入するならブランド品の知識を増やして、騙されたりしない賢い買い物を目指しましょう!

ブランド品の知識増やしたい方に少しでも手助けできるようにと、メールマガジンにて発行中です。登録してもワンクリックで解除できますので、ご安心ください。

興味ある方は、ご参考ください。→損しないブランド品の知識メルマガ