宇土市よりロレックスの時計ミルガウス116400を高額買取

買取品データ

ロレックスの時計 ミルガウス116400を買取

品名 ロレックスの時計 ミルガウス116400

S新古品・未使用品

SA数回程度使用の超美品

A全体的にキレイな商品

AB多少の傷、汚れがあるが程度良好の美品

B一般的な使用感のあるお品

BC傷、汚れがあり使用感を感じる商品

Cかなり使用感のある商品

Dジャンク品

買取価格 490,000円
買取り日 2017/10/02
タグ ロレックス

買取メモ

熊本県宇土市よりロレックスの時計 ミルガウス116400を高額買取


皆さん、こんにちは。熊本の質屋 質乃蔵 児玉です。
10月に入ったのに熊本市内は、まだまだ暑いですね~。さて、今回は、熊本県宇土市からお客様がご来店いただきました。宇土といえば、個人的に宇土餅が好きで、たまに買いにいきます。小さく食べやすいというのが宇土餅の魅力でもありますね。

話しが脱線してしまいましたが、査定したしのは、ロレックス(ROLEX)の時計 ミルガウス116400です。箱やギャランティーなど付属品なありませんでした。本体のみ小キズありの中古ABランクを49万円で買取させていただきました。毎日の為替変動に合わせて少しでも高額買取査定できるように頑張ります。買取価格などお気軽にお問い合わせください。

今回は、ロレックス(ROLEX)の時計 ミルガウス116400を買取査定しましたので、豆知識をお伝えしようと思います。興味ある方は、ご参考ください。


ロレックス(ROLEX)の時計 ミルガウスの歴史とは?


ロレックス(ROLEX)と言えば、腕時計ブランドとして圧倒的なステータスと機能性を誇るパイオニア的な存在です。ベーシックなアイテムから最高級品まで幅広いラインナップが揃っていますが、その中でも特にステータス性が高いものとして知られるのがミルガウスです。

ミルガウスの歴史は古く、開発されたのは今から60年以上昔の1956年です。医師や科学者と言ったプロフェッショナル向けに開発された腕時計で、1000ガウスという途方もない磁気にも影響されることなく正確な時を刻むことができます。

ネーミングにもこの部分が重視され、フランス語で1000を意味するミルと、磁束密度の単位であるガウスを組み合わせて名付けられました。

このような特殊な性能は、軟鉄性のインナーケースでムーブメントをすっぽりと覆い、磁気の侵入を徹底的に防ぐことで実現可能となっています。性能の高さは折り紙付きでしたが、何分科学者など限られたシーンでしか活用できない性能だったため、1980年代後半には需要が減少して生産終了へと追い込まれてしまいました。

しかしその高い性能への信頼は根強く、時期の影響を受けにくいパラクロムヒゲゼンマイという部品が開発されたことをきっかけに、2007年に約20年ぶりにオマージュとしてミルガウス116400として復活を果たしたのです。


ロレックスの時計 ミルガウスの魅力について

ロレックス(ROLEX)のミルガウスの魅力は、何と言っても特徴でもある磁気への高い耐性です。ロレックスの中でもこのような性能を持っているのはミルガウスのみで、限られたシーンでしか活躍はできませんが非常に独自性を持ったユニークなモデルだと言えます。

高い性能を誇りながら、需要があまりなかったということで2世代のみで歴史を終えてしまいましたが、その性能の独自性や高い技術を惜しむ声は根強く残っており、いかにブランド内においても人気が高かったかが窺えます。20年ぶりに復活したという話題性もさることながら、それに相応しい特別な記念モデルが発売されたのもファンとしては嬉しいポイントです。

ベーシックなブラックやホワイトダイアルなどもラインナップされており、グリーンサファイア風防というブランド内でも他に類を見ない特殊なモデルも用意されているなどバリエーションも十分です。

現在ではグリーンサファイア風防モデルは飛び抜けて高い人気を集めており、市場にもあまり出回っていないためプレミア価格が付くほどです。特に最初にリリースされたファーストモデルの人気は高く、最も高騰した時期で1本約1,500万円を超えることもあり、現在に至るまで幻のアイテムとしてファンの心を魅了しています。


ロレックスの時計 ミルガウスの性能について

ミルガウスには、磁気に対して非常に強いという性能があります。ロレックスに限らず一般的な性能の腕時計の場合、50ガウスから100ガウス程度のわずかな磁力でも影響を受けてしまい、正確に時間を刻むことができなくなると言われています。この点、ミルガウスはそれをはるかに凌ぐ1,000ガウスもの磁力にも耐えることが可能です。

このような高い技術を1956年に確立してたという点においても、ロレックスの技術の凄さが分かります。ニーズの低さから1989年には製造が終了してしまいましたが、それまでに製造されたモデルはファーストやセカンドと呼ばれ、製造本数が非常に少ないこともあって高いプレミアが付いています。

磁力なんて関係ないと感じるでしょうが、実は日常生活の中でも磁力はそこかしこで発生しています。テレビやスピーカー、冷蔵庫などちょっとした部分から非常に高い磁力が発せられていることもあり、不用意に腕時計を近づけると影響を受けて故障の原因になる可能性もあります。

特に冷蔵庫の扉には磁力が400から800ガウスも存在するので、うっかり密着させようものなら大事です。その点、ミルガウスであれば全く何の心配もなく、日常のシーンでも使用することができるのです。


ロレックスのミルガウスは、こんな人にオススメ

ロレックス(ROLEX)のミルガウス最大の特徴は、やはり磁気に対して非常に高い耐性を備えているという点です。確かに一般的な仕事に就いている人にはあまり必要のない性能ではありますが、仮に磁気の影響が強い場所に近付けた場合でも問題なく作動することができるという安心感も得られます。

もともとのモデルは科学者や医師をターゲットとして製造されたこともあり、やはりおススメなのはこれらの職業に就いている人です。特に医師は医療機器などから頻繁に磁気の影響を受けることがあり、そんな環境の中でもロレックスのミルガウスであれば何の心配もありません。耐久性の高さもあるため、使い勝手や故障などで頭を悩まされることも無いでしょう。

もちろん、医師や科学者でなくても身に着けることには何の問題もありません。ミルガウスはロレックスの中でも知る人ぞ知るマニアックな性能と歴史を持つアイテムなので、ポピュラーなシリーズを身に着けているよりも特別感が増しますし、同じファンから見ても一目置かれることになるでしょう。

このため、職業に関わらず一般的なシリーズに飽きてしまった人や、一味違った斬新なモデルを探している人などにもおススメだと言えます。


まとめ

いかがだったでしょうか?ロレックスのミルガウスって、どんなもの?そんな疑問が少しでも解消できたのではないでしょうか!ミルガウスの魅力がお伝えできたら嬉しいです。


ロレックスの歴史と魅力、ロレックス入門編

ロレックスの歴史を知れば、ロレックスがもっと魅力的に見えるはずです。是非、ご参考ください。

>>ロレックスの歴史と魅力について、はじめてのロレックス入門



ロレックスの買取や豆知識について

ロレックスの時計 デイトジャスト16233
ロレックスのサブマリーナ168000トリプルゼロ
ロレックスの時計デイトナ116520
ロレックスの時計サブマリーナ16800
ロレックスの時計 GMTマスター2 116710LN
ロレックスの時計 デイトジャスト1603
ロレックスの時計 デイトジャストⅡ 116334


その他ブランド品の買取価格

買取した相場です。買取価格は毎日変動していますので、お気軽にお電話かメールでお問い合わせください。

 >>ブランド品買取価格の検索はコチラ


 

損しないブランド品の知識メルマガ

ブランド品の知識を増やしたい方の為にメルマガを発行しております。中古ブランド品を購入した失敗した経験ありませんか?正規品では無い商品で騙された経験ありませんか?せっかく高いブランド品を購入するならブランド品の知識を増やして、騙されたりしない賢い買い物を目指しましょう!

ブランド品の知識増やしたい方に少しでも手助けできるようにと、メールマガジンにて発行中です。登録してもワンクリックで解除できますので、ご安心ください。

興味ある方は是非!→損しないブランド品の知識関連情報