阿蘇市よりロレックスの時計 パールマスター69318高額買取

買取品データ

ロレックスの時計 デイトジャスト パールマスター69318を買取
品名 ロレックスの時計 デイトジャスト パールマスター69318

S新古品・未使用品

SA数回程度使用の超美品

A全体的にキレイな商品

AB多少の傷、汚れがあるが程度良好の美品

B一般的な使用感のあるお品

BC傷、汚れがあり使用感を感じる商品

Cかなり使用感のある商品

Dジャンク品

買取価格 920,000円
買取り日 2017/06/02
タグ ロレックス

買取メモ

熊本県阿蘇市のお客様よりロレックスの時計 デイトジャスト パールマスターを買取


皆さん、こんにちは。熊本の質屋 質乃蔵 児玉です。

熊本県阿蘇市からお客様がご来店頂きました。熊本地震の影響で高額なロレックスを手放したいということでしたので、できるだけ頑張って査定させて頂きました。ロレックスの時計 デイトジャスト パールマスター69318 付属品は無く本体のみ、小キズあり中古Aランクの商品を92万円で買取させて頂きました。

6月に入ってからも、為替が円高傾向ということで、高額なブランド時計相場は全体的に下がり気味です。日経平均は上がり気味ですが、為替はパッとしない状況が続きそうです。

買取相場は日々変動していますので、お気軽にお問い合わせください。

今回は、ロレックスの時計 デイトジャスト パールマスター69318を買取査定しましたので、豆知識を書きたいと思います。少しでも参考になれば嬉しいです。


ロレックスの時計 デイトジャスト パールマスター69318の性能と魅力

ロレックスといえば言わずと知れた有名なスイスの時計のブランドです。男子ゴルフの全米オープンや全英オープンなんかを見ている方々にも、とても馴染みのある名前かと思います。

ウィンブルドン選手権もそうですね。スポンサーとしてその名を知る機会も本当に多いと思います。芸能人、スポーツ選手、ミュージシャン、お笑い芸人、その他様々なセレブな方々つけているような印象があり、やはり身につけるだけで放たれるその存在感に、誰しも憧れを抱いていると思います。

持っていること自体がステータスといっても過言ではありません。 しかしながら、何となく皆さん、メンズの身につけるものという印象、少なからずありませんか?質屋業界に入る10数年前、私も実はそうで、「お金持ちの人」が持つという印象がどうしても頭にこびりついていました。ですが実際は全然その様なことはなく、実は、レディース用の物もある。この事実をご存知でしょうか。

恐らくこの記事を見ている方の中にも、私のように「お金持ちの人」が持つもの。この様に思っている方々も多いと思います。ロレックスにも女性用のモデルというのがちゃんと確立されており、男性だけが装着するものでは無いということで、少なからず安心して貰えたりしたら幸いです。

そして今回はその中でも更に珍しいモデル、少しだけ紹介してみたいなと思います。

ロレックスの腕時計デイトジャスト パールマスターシリーズについて


 ロレックスの腕時計にも数多くの種類がありますが、その中でもパールマスターシリーズが、いわゆるジュエリーウォッチというもので、女性向けとされているモデルです。

緩やかに丸みを帯びたデザインの腕時計であり、大変人気のシリーズです。多種多様なデザインがあるので、各々の個性にあった物も見つけやすいと思います。 その中でも結構古いモデルになるのですが、デイトジャスト「パールマスター69318」これがやはり群を抜いて美しい。

性能ですが「デイトジャスト」この機能は午前0時に日付が一瞬で変わる機能のことを指しています。1945年に、最初のデイトジャスト機能を搭載したモデルがでた事でも知られています。自動巻き、いわゆる「パーペチュアル機構」も、69318には、もちろん搭載されています。  

見た目に関しても、ゴチャゴチャしていなくて針も見やすい。それでいて、その艶やかさ、煌びやかさは他のブランドの追従も許さない。それどころか、パールマスターシリーズの中でも群を抜いて美しいように思います。K18のイエローゴールドにゴールドの文字盤、12Pのダイヤもついており圧倒的な存在感を放ちます。

身につけた瞬間から、使用者の品性が格段に上がることとなるでしょう。

ロレックスのデイジャスト  パールマスター69318は珍しい時計

この「パールマスター69318」今から20年ほど前のモデルです。私のように日々買取査定している人間でも珍しい時計です。珍しいロレックスの時計ということで、ロレックスの収集家なら持っているはずです。

 もともとロレックスは高級志向だからこそ、生産数は少ないです。また、生産期間もそれに準じて長くはありません。ですので少しでも期を逃してしまった場合、格段に手に入らなくなります。「あぁ、あのモデル欲しかったのにもう生産しなくなってしまったのか。」なんて事が、多々あるようにも思います。

しかしながら、我が日本のロレックス好きな国民性のお陰か、全生産量の2~30%は、実は日本に流れてきています。これは素晴らしいことですよね。つまり、私たちは日本人であるという時点で、手にできる可能性が非常に高いのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?ロレックスというと定番のモデルだけが、どうしても目についてきますが、珍しいモデルもあるということです。ロレックスの魅力が少しでもお伝えできたら嬉しいです♪


ロレックスの歴史と魅力、ロレックス入門編

ロレックスの歴史を知れば、ロレックスがもっと魅力的に見えるはずです。是非、ご参考ください。

>>ロレックスの歴史と魅力について、はじめてのロレックス入門



ロレックスの買取や豆知識について

ロレックスの時計サブマリーナ16800
ロレックスの時計 GMTマスター2 116710LN
ロレックスの時計 デイトジャスト1603
ロレックスの時計 デイトジャストⅡ 116334


損しないブランド品の知識メルマガ

ブランド品の知識を増やしたい方の為にメルマガを発行しております。中古ブランド品を購入した失敗した経験ありませんか?正規品では無い商品で騙された経験ありませんか?せっかく高いブランド品を購入するならブランド品の知識を増やして、騙されたりしない賢い買い物を目指しましょう!

ブランド品の知識増やしたい方に少しでも手助けできるようにと、メールマガジンにて発行中です。登録してもワンクリックで解除できますので、ご安心ください。

興味ある方は是非!→損しないブランド品の知識関連情報