金を買った方が良い理由!金相場下落から考えて

2013年7月1日

金を買った方が良い理由

金を売るべきか?買うべきか?

金というのは限りある資産です。というのも、これまでに採掘された量はオリンピック公式プール約3杯分だからです。

約150,500トンと言われています。現在地球に埋蔵されている量は、約76,000トン。だったら、また採掘すればいいじゃないの?

なんて思われる方もいるかもしれませんが、もう採掘が困難な場所にありコスト的に採掘が無理な状態なんです。

という事は、今ある在庫をリサイクルしていくしか方法が無いのです。

これだけ、言うと金の貴重性って分かってもらえたかと思います。

金の保有率

日本の金の保有量は765.2トンで、世界で見ると第9位です。

1位は、アメリカの8133.5トンです。数字的に見ても、日本とアメリカでは10倍以上差があります。

詳細な順位は、1位アメリカ、2位ドイツ、3位国際通貨基金IMF4位イタリア、5位フランス、6位中国、7位スイス、8位ロシア9位日本、10位オランダというふうになっています。

日本って先進国なのに、結構下の方なんです~。こう考えても、もっと金が日本にあってもいいのでは?なんて思います。

インフレに備えて

今後、日本国内がインフレを進めていくとすれば、例えば1千万円の貯金があっても将来的には、500万円の価値ぐらいにしかなくなる可能性もあります。

そうならないよういにも、金という資産を持っていた方が将来的には安心なのかもしれません。

という事で、ここ最近の金相場は全体的に下落傾向にあるので、購入するなら今が買いやすいのでは?

と個人的には思っています。

沢山のリサイクル店や金プラチナ買取店が増えている中、売る方法も一つの選択肢かもしれませんが、購入してみるというのも選択肢に入れて欲しいです!