タンザナイトとはティファニーが名付けた宝石名でゾイサイト

2012年12月6日
タンザナイトとはティファニーが名付けた宝石名

今日はタンザナイトという宝石について書こうかと思います。ここ最近は、以前よりも相場が落ちているのがタンザナイトです。

もともとは、ブルーゾイサイトって言う宝石名だったんですが、ニューヨークのティファニー宝石店によってタンザナイトと名付けられて売り出されたんです。で、一躍有名になったアフリカタンザニア産のブルーゾイサイトは、タンザナイトの名称が一般的に知られるようになりました。

紫色を帯びた魅力的なブルーは最高のブルーサファイアの色に匹敵すると言われています。

タンザナイトを識別する為の知識

①褐色のゾイサイトの原石を加熱することによって、あの帯紫青色の
タンザナイトが得られること。②インクルージョン(内包物)が少ないこと。③加熱による影響で、硬度が6~7と、サファイアの硬度9との差から、
ファセットエッジが丸みを帯びていること。④多色性が強く石を回して見ると、ある方向から紫色になること。

これらの特徴で、天然ブルーサファイアや合成ブルーサファイアとの
識別は容易にできます。

タンザナイト

屈折率:1.68~1.73  複屈折量:0.004~0.008
多色性:三色性(強) 青色、 紫色、灰緑色
蛍光性:不活性
カラーフィルター:変化なし
拡大検査:液体インクルージョン  チューブインクルージョン 結晶インクルージョン 等
但し,前述のような理由から インクルージョン は非常に少ない。【私の宝石の師匠、潤二師匠より】